お知らせ

  • 2020.10.25(日)

聖母年中

外と中で分かれて、行いました。

外では走り跳びの練習しました。

中では跳び箱中心に練習しました。

おしりが高く上がってますね✨

  • 2020.9.28(月)

パウロ 幼児、小学生

2人くみで力を合わせてボールを運びます😁

BさんAさんで力を合わせてリレーしました。

側転練習、縄を意識してお尻をたかくあげることを

頑張りました。

小学生クラス

毎回行う体幹トレーニング

隣の人だけでなく、みんなで呼吸、リズムを合わせます。

繰り返すたびに上手になってます‼︎

  • 2020.9.25(金)

聖母年長・小学生

後ろ跳びができたら、あや跳びにチャレンジします。

 

開脚跳びの横向きが跳べたら、縦向きの跳び箱にチャレンジします。

縦向きは小学生の跳び方の練習になります。

手を付くところが遠いので、助走と踏み切りが大事です。

 

1年生から3年生の合同チームで対戦しました。

尻尾取りの頑張るところは、相手にお尻を向けない、

尻尾が取れるように攻めていくこと。

2つの動作を同時に行います。

ドッチボールやバスケットボールの練習にもなります。

 

高飛びは、まず足を合わせるところから練習しました。

それができたらロープに近い方の足を蹴り上げます。

小学生はいろんな陸上の競技やいろんなスポーツを

体験していきたいと思います。

 

  • 2020.9.24(木)

草津年中

平均台は身体のバランス力を身につけます。バランス力は転ばない身体や、転んでも怪我をしないように上手に転げたりする力にもなります。

※もし危なくない場所で子どもたちが喜んで細いところを歩く姿があったら見守って

あげてくださいね🎵

かえる跳び

腕をついて両足を後ろに蹴り上げます。

跳び箱の動きにつながるのでお家でもしてみて下さい。

柔軟性があると、あらゆる運動に対応できるから

そして、怪我をしにくい身体になります。

 

 

 

  • 2020.9.23(水)

草津年長クラス

だいぶ気候も涼しくなったので、3グループに分かれて、中と外で思い切り身体を動かします‼️

運転にぶら下がったロープにひたすらぶら下がります。

握力、バランス力、踏ん張る力。繰り返すたびに怖さもなくなり、

みんなとにかくしがみついてました😊

ロープにぶら下がる力を吊り輪と鉄棒の懸垂力に繋げます。

バランス力、蹴る力にも繋がります。

 

 

  • 2020.9.18(金)

聖母年長、小学生クラス

いつもはクラスで練習してますが、体操教室ではクラスを超えた仲間とチームになり、対決をしました。

Aさんのドッチボールに向けて中あてドッチボールの外野も子どもたちがします。

跳び箱も勢いがつきお尻が高く上がってきました。ロイター板を使わず

自分の力でジャンプします。

逆上がりからダンゴムシ毎回行うことで力の入れ方もわかってきました。

小学生クラス

籠を背中に背負った四人で手を取り合い、外からの玉を入れさせないように回転します。

結局私が足を引っ張ってました?笑

 

 

 

 

  • 2020.9.17(木)

草津年中クラス

側転に挑戦

年中さんは手をついたら足を高く上げることを目標にしています。

はじめは横のウサギ跳びから始めます。

平均台は並行感覚(バランス力)を養います。

一人で歩けるようになりました。

尻上がりができたら前周りに挑戦です。背中を丸くしてゆっくりとおりる。がポイントです。

 

 

 

 

 

 

  • 2020.9.16(水)

草津年長クラス

さかあがりにつながるだんご虫の動き(腕立て支持)毎回します。

自分のチャレンジをしてます。

運動会後のドッチボールに向かってキャッチボールの練習をしていきます。

 

ドッチボールを自宅用に購入されたい方はこのライトドッチボールが

おすすめです。幼稚園だけでなく、小学校でも使われています。

幼児の場合は直径18センチです。

色んなサイズがあるので、直径をみて購入してくださいね。

 

  • 2020.9.15(火)

聖母年中クラス

短縄練習and走り跳び

短縄は連続跳びの練習。走り跳びは回す→跳ぶの繰り返しです。

初めてのしっぽ取り。取るだけ(追いかける)取られるだけ(逃げる)のシンプルなルールから年中ははじめます。

腕立て支持強化練習

  • 2020.9.14(月)

パウロ幼児、小学生クラス

吊り輪の輪から顔を出すことが目標です😃

松本先生とキャッチボール練習。

さかあがりができるようになりました。

ワッカキャッチ。飛んでくるワッカの真下に入り込むとうまくキャッチができます。

台上前転and飛び込み前転。どちらも腕立て支持とグージャンプが大事です。

野球などの動きにつながります。